スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鳩山首相、続投に決意=「今後も命懸けで取り組む」―普天間問題(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は28日夜、首相官邸で記者会見し、米軍普天間飛行場移設への対処方針決定について「思い描いていた抜本的な負担軽減に比べれば、最初の小さな一歩、半歩にすぎない」と述べた。また、首相は「この一歩を一つの出発点として基地問題解決に取り組み続けることが使命だ。今後も命懸けで取り組む」と続投の決意を示した。
 移設先に関しては、「沖縄県民の理解を得られなかった。福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免せざるを得ない事態で閣議決定に至り、誠に申し訳ない」と陳謝した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

経営会社に7900万円賠償命令=「日本海庄や」過労死訴訟―京都地裁(時事通信)
<シー・シェパード>初公判 元船長は傷害罪を否認(毎日新聞)
回転ずしで魚離れ阻止=国産ネタで自給率向上―水産白書(時事通信)
エン・ジャパン情報流出を謝罪 新卒採用システムが丸見え(J-CASTニュース)
未明の殴打事件、目撃証言に疑問…男性に無罪(読売新聞)

ゾシンなど新製品の拡大で増収―大正製薬・医薬事業(医療介護CBニュース)

 大正製薬は5月14日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。最主力のマクロライド系抗菌薬クラリスの売上高が前年度比2.8%減の233億円だった一方、新製品のβ-ラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン系抗菌薬ゾシン(2008年10月発売)が168.8%増の107億円、キノロン系抗菌薬ジェニナック(07年10月発売)が29.4%増の48億円と拡大し、昨年度の医薬事業の売り上げは前年度比4.8%増の995億円となった。

【図表の詳細が入った記事】


 大正製薬によると、ゾシンは前身のタゾシンのペニシリン含有量を2倍にして切り替えた製剤で、世界では既に米ワイス社(現ファイザー社)が販売しており、国内の医師の間で使用への強い要望があったという。

 一方、一般用医薬品などを含むセルフメディケーション事業の売上高は、1.4%減の1588億円。ドリンク剤「リポビタンシリーズ」は、主力のリポビタンD が景気減退や競争激化、夏場の需要期における天候不順の影響などから伸び悩み、全体で708億円(5.3%減)となった。一方、発毛剤「リアップシリーズ」は、リアップの有効成分ミノキシジルを5倍にしたリアップX5(昨年6月発売)が寄与し、全体で127億円(11.9%増)と拡大した。

 全体の売上高は、2584億円(0.9%増)と微増収。営業利益は347億円(8.6%減)、経常利益は(8.1%減)、純利益は195億円(121.0%増)だった。

 今年度の業績予想は、薬価基準の引き下げによる影響などを受けて、医薬事業で948億円(4.8%減)と減収を見込むが、セルフメディケーション部門で1672億円(5.3%増)と回復を見込み、売上高2620億円(1.4%増)、営業利益360億円(3.8%増)、経常利益405億円(10.4%増)、純利益245億円(25.7%増)と増収・増益になる見通し。




【関連記事】
今年度新製品が130億円寄与―第一三共
「10年度をボトムに確実に上げていく」―アステラス
後発医薬品や新薬2製品が好調―明治HD
最主力のアルツが9%の伸長−科研製薬
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱

入管収容施設で70人ハンスト…仮放免など要求(読売新聞)
小沢氏、消費税増税の参院選への影響「そういう議論してない」(産経新聞)
ホームレス並ばせダフ屋行為=宝塚チケット、容疑で5人逮捕−警視庁(時事通信)
高速新料金6月断念 小沢氏「国民の気持ちも一緒」(産経新聞)
児童殺害予告で28歳男を逮捕=「防災無線うるさい」―埼玉県警(時事通信)

「参院選、楽観できぬ」=民主選対委長が首相に報告(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は11日午後、首相官邸で民主党の石井一選対委員長と会い、夏の参院選情勢について報告を受けた。石井氏は「国民の世論を考えると、必ずしも楽観できる情勢ではない。非常に厳しい逆風が吹いていることを認識してもらいたい」と述べ、厳しい見方を伝えた。 

徳之島町長が再会談前向き 普天間問題、2町長は否定(産経新聞)
橋下新党、大阪市議補選が試金石に(産経新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
<虚偽記載>半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か(毎日新聞)
<遺体発見>身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に(毎日新聞)

社会保障充実は景気刺激に有効か=学者中心に議論再開−財政審(時事通信)

 昨年9月の政権交代後、休止状態だった財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は26日、総会を開き、約1年ぶりに議論を再開した。まずは、社会保障充実が景気に好影響を与えるか、経済専門家の立場から検証する。会長には、西室泰三東京証券取引所グループ会長に代わり、吉川洋東大大学院教授を選出した。
 菅直人副総理兼財務相は会合の冒頭、「経済成長と財政健全化を両立する道筋を見いだす議論をしてほしい」とあいさつした。
 自民党政権下での財政審は、学者や産業界など幅広い分野の有識者で構成。年2回、建議(意見書)を提出し、予算編成に大きな影響を与えていたが、「政治主導」を掲げる鳩山政権では、「あり方を見直す」として開催を見送っていた。今後は、委員を財政や経済を専門とする学者などに限定し、専門的な立場から政策効果の分析や論点整理などを担う。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

神社施設集約、有償提供へ=最高裁違憲判決で−北海道砂川市(時事通信)
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)
【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)
世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で(産経新聞)
日中当局が会議開催=ギョーザ事件で情報交換−警察庁(時事通信)

竹林の男性遺体、事件とみて捜査=死後2〜3年、40歳前後か−神奈川県警(時事通信)

 川崎市高津区千年の竹林で白骨化した男性の遺体が発見され、神奈川県警高津署は19日、死体遺棄事件とみて捜査を始めた。骨の一部に傷があることや、現場の状況などから同署は事件に巻き込まれた可能性が高いと判断したという。
 同署によると、男性は40歳前後とみられ、身長166〜175センチ、黒っぽいジャンパーとズボンを着用していた。司法解剖の結果、死後2〜3年が経過しているとみられるが、死因は不詳。 

【関連ニュース】
一部が殺害ほのめかす=一家3人遺体事件
従業員ら4人逮捕=一家3人不明、死体遺棄容疑
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄
殺人で同居女再逮捕=容疑否認、生活費トラブルか

<火山噴火>成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴(産経新聞)
<全国学力テスト>過去問出題で成長分析(毎日新聞)
海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)

<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)

 04〜08年度に発生したライター事故のうち独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE=ナイト)に通知があった132件を調べたところ、1人が死亡、9人が重傷となっていたと同機構が13日公表した。同機構は子供の火遊び以外でも使い捨てライターによる事故が多いとして注意を呼びかけた。

 ◇重傷は9人

 原因別では▽着火レバーから指を離しても消えずに衣服のポケットで燃え広がるなどの「残火」38件(29%)▽乱雑な引き出しに入れたライターが着火したり、子供の火遊びなどの「意図せず着火」16件(12%)▽部品の劣化などによる「大きな炎」15件(11%)▽「ガス漏れ」14件(11%)−−など。

 一方、ライターに子供が簡単に使えない機能を義務付けるかを検討している経済産業相の諮問機関、消費経済審議会の作業班会合も同日開かれ、持丸正明座長は終了後、次回5月にも取りまとめる方針を明らかにした。【佐藤浩】

【関連ニュース】
2児死亡火災:寝室に使い捨てライター 川崎
車両火災:危険なライター 意図せず着火、08年61件
北海道4児死亡:車内からライター部品 死因は焼死
北海道4児死亡:車内に使い捨てライター、紙に引火か
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査

タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
アヴァンスを非弁活動で告発=無資格職員が債務交渉か−大阪弁護士会(時事通信)
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)
「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)
橋下知事「トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない」 関西3空港懇談会(産経新聞)

<米国>「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】米国務省は8日、民主党の小沢一郎幹事長が大型連休中の訪米を見送ったことについて、「小沢幹事長がこの春、訪米を検討したようだが、何の予定もない。それ以上は小沢事務所に問い合わせてもらいたい」とのコメントを発表した。

【関連ニュース】
小沢幹事長:5月の訪米見送り
連合:参院選に向け「小沢批判」地方で拡大 火消し急ぐ
民主党:参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も
小沢幹事長:参院選長野「2人目は党本部直営」
小沢幹事長:「民主党は政権党の認識がまだ甘い」

国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
<TBS>字幕誤る 巨人の木村拓也コーチのニュースで(毎日新聞)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)
密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ−岡田外相(時事通信)
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)

迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)

 山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

【関連記事】犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
【関連特集】犬が教えてくれたこと
<しっぽの気持ち>人と犬の間の深い絆=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ボランティアがつなぐ命=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>私にできることは=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ガス室の不条理=渡辺眞子

セクハラ相談員がセクハラ ハローワーク課長を処分(産経新聞)
北九州社長殺害 元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
新党あす最終合意 離党届提出 与謝野・平沼氏が代表(産経新聞)
<高校無償化法案>31日成立へ 参院文教科学委で可決(毎日新聞)
弟助けようと海に飛び込み、10歳兄死亡(読売新聞)

<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)

 勤務先の交番に落とし物として届けられた財布から現金を抜き取ったとして、業務上横領罪に問われた神奈川県警戸部署地域1課の元巡査、渡辺雄大被告(24)=同県横須賀市津久井1、2月5日付で懲戒免職=に対し、横浜地裁は25日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。久我泰博裁判官は判決で「警官の社会的信用を失墜させたが、懲戒免職になっている」と述べた。

 判決によると、渡辺被告は横浜市西区の交番に勤務していた今年1月15日、拾得物として預かった現金21万円入りの財布から19万円を抜き取った。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
大阪地裁民事訴訟:元組長を会社オーナーと認定
中日本ボクシング協会:元幹部3800万円横領か
幻冬舎:業務上横領で元局長に実刑判決 東京地裁
公金横領:詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋
懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知

議会リコールへ自転車街宣開始=河村たかし名古屋市長(時事通信)
大麻所持容疑で教頭逮捕 教育長「教員にも薬物指導を」(産経新聞)
エコノミスト賞に花崎氏(時事通信)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」−仙谷戦略相(時事通信)
姫路爆発事故 「死ぬかと思った」 突然崩落/作業員下敷き(産経新聞)

「子供たちの夢奪った」ペコちゃん盗に執行猶予付き判決(産経新聞)

 和歌山市などの不二家の店舗からペコちゃん人形が相次いで盗まれた事件で、窃盗罪などに問われた大阪府四條畷市岡山、解体作業員、池田興應(おきまさ)被告(38)の判決公判が29日、和歌山地裁で開かれ、国分進裁判官は「動機は自己中心的で身勝手。常習性は顕著だが、被害回復されている」として懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 国分裁判官は言い渡し後「ペコちゃんを愛する子供たちの夢を奪った。娘を誘拐されたようだと話す店主もおり、社会的に大きな影響を与えたことをよく考えて下さい」と説諭した。

 判決によると、池田被告は平成20年12月から21年2月にかけ、仲間と共謀し大阪市や京都市、和歌山市などの不二家の計8店舗からペコちゃん人形計7体(計41万円相当)を盗んだ。

【関連記事】
“シノギ”はペコちゃん人形? “お宝”狙った暴力団幹部
和歌山のペコちゃん誘拐で共犯の男を逮捕
和歌山のペコちゃん盗難 暴力団幹部の知人を指名手配
暴力団幹部がペコちゃん誘拐? 和歌山、窃盗容疑で逮捕
美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴

<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)
足利事件再審 菅谷さん、法廷では笑顔なく(産経新聞)
学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 金哲彦さん(46)(産経新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 即日
審査 甘い キャッシング
クレジットカード現金化 還元率
ライブチャット
クレジットカード現金化
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM